グリーンホームの家|スタッフブログ

ホーム > 専務ブログ「いい家を建てるためのお得情報」 > おうちの「寒さ対策」について②

おうちの「寒さ対策」について②

 

家の断熱性を上げるためにはどうすればいいのか?

 

大きく分けて2つあります。

1つ目が「壁の中の断熱材の性能を上げること」

2つ目が「窓の性能を上げること」です。

下の画像は冬場に熱がどこからどの程度の割合で逃げていくのかを表しています。

見てもらえば一目瞭然ですが、大部分は窓から逃げていくことが分かると思いますsign01

ですので、今回は「窓の性能を上げること」について説明します。

 

窓から多くの熱の出入りがあることからも分かるように、

一般的な窓は 壁の1/10くらいの断熱性能しかありません。

だから家の中で冷暖房しても、どんどん熱が 窓から逃げていきますsad

じゃあ、窓のない家を建てればいいのかと言うと、そうでもありません。

窓があることによって部屋の開放感が生まれ、光や風を取り入れられる気持ちの良い家になるんです。

そこで「窓の断熱性能を上げよう!」という話になるんですが、具体的にどうすればいいのでしょうか。

答えは「サッシ」「ガラス」の 断熱性能を上げる です。

窓の性能は「サッシ(窓枠)」と「ガラス面」の2つに分けられます。

 

まず「サッシ」ですが、この部分が従来のアルミだと非常に熱を通しやすく、結露の発生する原因となります。

そこで最近では、樹脂を使用した「サッシ」をお勧めしています。

サッシに樹脂を使用した「樹脂サッシ」

室内側は樹脂・室外側はアルミを使用した「樹脂複合サッシ」があり、

少なくとも樹脂複合サッシ」を使用した窓を選びたいです。

 

次に「ガラス」です。

みなさんも良く聞く単語に「ペアガラス」というものがあると思います。

これは、窓ガラスが2枚であることを表していて「複層ガラス」とも呼ばれます。

この「ペアガラス」のガラスとガラスの間には乾燥した空気が入っています。

ここからさらに断熱性能を高めるために

Low-E と呼ばれる特殊な金属膜加工 をしたり、

アルゴンガスなどの断熱性能の高い特殊なガス を入れます。

(おうちの寒さ対策について①でご紹介したお宅ではアルゴンガス入りの高断熱窓を使用しています。)

このような断熱性の高いガラスを使うことで、通常のペアガラスの2倍以上の断熱性能を確保 することができます。

 

今回は窓の断熱性能についてお話ししました。

窓の断熱性能を上げることが家の断熱性能を大きく上げることになるので、

結露がイヤになる方寒くて暑い家がイヤな方 はぜひ 窓の断熱性能 着目して下さいsign03

 

兵庫県豊岡市(但馬)で“健康住宅”(キレイな空気で健康改善)はグリーンホームの家